アパレル・小売業に強い【98.5%の成功率で売上が上がる店長研修】実力店長に育つ今ある商品、今いる社員で、営業利益率が2倍にでもアップする!高収益経営を実現できる店長研修です。アパレル企業で30年以上、人材育成でき、売上アップし続けた再現性の高い本物のノウハウを習得できます。売ることが本当に楽しくなり、売上を上げられる店長・スタッフに育つ、本物のプロが教える店長育成研修です。リピート客倍増ノウハウで集客に困らない。店舗経営者向けコンサルティング モチベーションアップ マネジメント 部下育成 リーダーシップ 顧客満足 意識改革 購買率 接客 販売力 アプローチ クロージング セールストーク リピート客 顧客情報管理 提案販売 スタッフ 業績アップ 人財育成 店舗運営 催事 集客 販促 お得意様 富裕層 高額

売上アップできる売れる実力店長に育つ!成功率の高い店長研修/人材育成

98.5%の成功率で店舗売上が上がる!売れる実力店長に育つ×店長育成研修・経営者向けコンサルティング

竹内陽子photo

〒104-0061 東京都中央区銀座6-13-16 5階

売上アップ・利益率の高い経営に変えるヒント【客単価アップ・人財活用・経費削減】「社長を応援!!」ブログ

第26話 三陽商会AIによる店舗での顧客行動の見える化は業績回復の起爆剤となるのか

 ブログ

苦戦している小売業が復活するために必要なことは、一体何なのでしょうか。
とりわけ、アパレル企業は、業績不振と言われて久しいのですが、その原因をファストファッションやネット通販のせいにしがちですが、根本的な問題を解決できないできたことが不振を長引かせている原因なのではないかと思っています。

三陽商会は、2018年10月30日に、ディープラーニングを活用した AI の社会実装事業を展開する株式会社ABEJAと、AI を活用した新たな顧客体験の実現、および小売流通業界におけるテクノロジー活用の推進に向け業務提携をし、
画像解析によるリアル店舗での顧客行動の見える化やオムニチャネル化の推進、顧客購買体験価値の向上を促進すべく、テクノロジーを活用した構造改革を目論んでいるとのことです。

まず、画像解析によって、スタッフが見落としている顧客行動の見える化ができるということはとても有益なことです。

顧客がどの商品の前で足を止めたのか、どう回遊したのかが分かることで商品陳列の見直し策が明確になります。

ただし、それだけではなく、購買率を上げるための接客・販売行動をどうすればいいのかを見つけ出していくことも、業績を大幅に上げていくためにはとても重要なことだと思っています。

実際問題、顧客が店舗で購買意欲を感じたとしても、購入を決断しなければ、商品は売れないのです。
その顧客の意思決定をサポートすることが、店舗スタッフの重要な役割なのです。
AIが顧客の意思決定をサポートする日も遠くはないのかもしれませんが、このスタッフの対応力・接客力・販売力が乏しければ顧客は満足しない。満足しなければ購買にはつながらないという根本的な課題を、絶対に見過ごしてはならないのではないでしょうか。